尿漏れは病院で治療しよう|悩みは早めに解消

下半身のデリケートな悩み

笑顔のナース

男性でも女性でも性別に関わらず、尿漏れのことで悩んでいます。サプリメントに配合されている成分に男女で違いがあるので、それを上手に利用しましょう。また、普段の生活の中で血行を良くすることや水分の摂り方に注意するなどを行っていけば、尿漏れを改善することができます。

詳しく見る

骨盤底筋が緩むと

医者と患者

骨盤底筋の緩みで起こる腹圧性尿失禁は、高齢者や女性に多く見られる尿漏れのことです。肥満が原因でも起こる事もあります。骨盤底筋トレーニングによって改善しますが、尿漏れが起きている間は尿漏れナプキンを使用するのが良いでしょう。

詳しく見る

切迫性尿失禁とは

笑顔の女の人

切迫性尿失禁は過活動膀胱の症状のひとつで、高齢者に多く見られる尿漏れのことです。神経の異常によって起こるものとそうでないものがあります。よく見られる尿漏れと異なるのは大量に尿が漏れることです。薬によって症状が改善されるので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

詳しく見る

おしっこで悩んでる方へ

キーボードと聴診器

尿失禁の種類

くしゃみをした瞬間「あっ・・・」、もしくはちょっと走った際に思わずおしっこが漏れてしまった経験ありませんか。実はこうした尿漏れに悩んでいる方は多いのです。男性はもちろん女性でもなりやすく、40歳以上の8人に1人は尿漏れの経験があるといいます。それくらい身近な症状なのです。尿漏れには3つの種類があります。それぞれ腹圧性、切迫性、溢流性尿失禁となりこのうち一番多いのは腹圧性です。女性がなるのが大半で、出産により骨盤の筋肉が衰えて膀胱が下に下がってしまうことが原因です。切迫性は「トイレに行きたい」と思っても間に合わない症状で、脳梗塞の後遺症や膀胱炎の影響が原因と考えられています。最後の溢流性は膀胱の感覚が鈍くなり、いっぱいに溜まっていても自分では気づかない症状で文字通りおしっこが溢れてしまいます。子宮の手術の他、糖尿病や帯状疱疹が原因となることもあります。尿漏れに悩んだら恥ずかしがらず泌尿器科へ行きましょう。症状に応じた提案してくれますし、大抵は薬によって治療が可能です。

女性はぜひ骨盤底筋体操を

泌尿器科では漢方薬や抗コリン剤などの薬物を処方することで尿漏れの症状を改善していきます。しかし腹圧性に対しては骨盤底筋を鍛えることでも尿漏れを軽くすることができます。骨盤底筋体操は自分の意志で膣や骨盤を動かすトレーニングです。膣や骨盤を自分で意識しながら閉めたり緩めたりします。最初は立って行いますが慣れてくれば日常の動作の中で取り入れることで骨盤底筋が強化されます。女性は出産などの経験によりどうしても骨盤が下がりがちになります。骨盤が下がると膀胱だけでなく他の内臓も下がってしまうため代謝が悪くなり、健康上さまざまな悪影響を及ぼします。また膀胱が下がると尿道が圧迫されるため膀胱炎にもなりやすくなります。骨盤底筋を鍛えることはこれらの症状の予防にもなります。