尿漏れは病院で治療しよう|悩みは早めに解消

骨盤底筋が緩むと

医者と患者

肥満でも起こる

くしゃみをした時などに起こる尿漏れを腹圧性尿失禁と言います。何らかの原因によって骨盤底筋という筋肉が弱くなっていることで起こるものです。腹圧性尿失禁を起こしやすいのは高齢者と女性です。高齢者の場合は、加齢によって骨盤底筋の筋力が弱くなるために起こります。女性の場合は妊娠や出産を経験することで骨盤底筋が緩み、尿漏れが多くなります。主に見られるのはこの2つの場合ですが、他にも肥満によって起こることもあります。肥満になると脂肪が増え、内臓が圧迫されます。もちろん膀胱も圧迫されることになるので、尿漏れを起こしやすくなります。腹圧性尿失禁では骨盤底筋の筋力強化トレーニングが主な治療法となりますが、肥満によって起こっている場合には、肥満解消のための運動や食事制限などもしなければなりません。また、尿漏れの予防のためにも、肥満に注意して生活することが大切となります。

専用のナプキンを

腹圧性尿失禁は骨盤底筋の筋力強化を行うことで解消されます。そのため、比較的軽いタイプの尿漏れと考えられます。尿が漏れる量や回数にもよりますが、ほとんどの場合あまり長い時間をかけずに治癒することができます。しかし、治癒するまでの間は尿漏れが起きている状態にあるので、その間の対策が必要となります。そういった場合に使用するべきなのが尿漏れ専用のナプキンです。軽度の腹圧性尿失禁が起きている女性からの需要が高いものです。生理用ナプキンと同じ形状をしているので、女性であれば非常に馴染みがあり使いやすいので人気となっています。しかし中には、生理用ナプキンで代用している人も見られます。ですが、尿漏れ専用のナプキンのほうが消臭などの面から言っても、尿漏れに適している製品になるので、専用のものを使うことをおすすめします。